両親の愛情が子どもの健全な成長に不可欠であるとの認識のもと、子どもの連れ去り別居、その後の引き離しによる親子の断絶を防止し、子の最善の利益が実現される法制度の構築を目指します

共同養育(民間)

離婚と親子の相談室 らぽーる(厚生労働省調査研究事業)

 『らぽーる』は、離婚と子どもに関わる悩みを相談員が電話や面談で伺い、その方に応じた情報提供、紹介などを行う「相談業務」、弁護士等の同席のもとでADR(裁判外紛争解決手続き)を実施し、「共同養育計画合意書」の作成支援を行う「ADR」、子どもの健やかな成長のため、親として出来ることを改めて考えるプログラムを行う「親教育プログラム」を実施しています。

※各業務の詳細は、「らぽーるのホームページ」を参照ください。

『らぽーる』に関する報道

民間の養育計画・面会交流計画書(案)

”離婚後も両親が共同(並行)で養育することが子どもの最善の利益にかなう”という理念のもと、アメリカの「インディアナ州面会交流指針」及びカリフォルニア州の「監護権と面会交流権」を参考に、年間100日以上の共同養育を目指して作成された共同養育計画(案)が全国の家庭裁判所に、当事者から提出されています。

◆日本の共同養育計画(案)

◆共同養育プラン(Kネット)

2016-02-20 (土) 14:34:24
a:1383 t:1 y:7

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional