両親の愛情が子どもの健全な成長に不可欠であるとの認識のもと、子どもの連れ去り別居、その後の引き離しによる親子の断絶を防止し、子の最善の利益が実現される法制度の構築を目指します

平成29年5月29日、中日新聞

別居親との面会に法制定の動き 子の利益「慎重に判断を」

出典:平成29年5月29日 中日新聞・東京新聞

別居親との面会に法制定の動き 子の利益「慎重に判断を」

離婚で別居することになった親と子の面会交流を促す流れが強まる中、面会が事件につながるケースが起きている。今国会では、同居親に子どもと別居親との面会を原則義務付ける「親子断絶防止法案」の議員提出も検討される。だが、夫婦間の対立が深刻な事例を扱ってきた専門家からは「面会交流が本当に子どもの利益になるかどうかは慎重に判断すべきだ」との声が上がる。 (小林由比)
※以下、-記事PDF参照

アクセス数
総計:338 今日:2 昨日:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional