両親の愛情が子どもの健全な成長に不可欠であるとの認識のもと、子どもの連れ去り別居、その後の引き離しによる親子の断絶を防止し、子の最善の利益が実現される法制度の構築を目指します

平成27年10月2日、読売新聞

面会応じぬ元妻らに慰謝料支払命じる

 事実婚の解消後、娘2人との面会交流の機会を奪われたのは不当だとして、国立市のライター・宗像充さん(40)が、元妻と夫の養父に慰謝料など約315万円を求めていた訴訟の判決が1日地裁立川支部であり、渡辺佐千夫裁判長は、22万4200円の支払いを命じた。
 判決などによると、宗像さんと元妻は2007年に事実婚を解消し、娘2人は元妻が引き取った。その後、家庭裁判所の審判で、宗像さんと娘たちが2か月に1度の面会交流を行うことが決定されたが、2013年7月と11月の2回、宗像さんの求めに元妻と養父が応じなかった。

アクセス数
総計:588 今日:1 昨日:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional