両親の愛情が子どもの健全な成長に不可欠であるとの認識のもと、子どもの連れ去り別居、その後の引き離しによる親子の断絶を防止し、子の最善の利益が実現される法制度の構築を目指します

平成23年2月9日、時事通信

ハーグ条約、加盟促す=米国務省顧問

 米国務省のスーザン・ジェイコブス児童問題担当特別顧問は8日、都内の米大使館で記者会見し、国際結婚が破綻した夫婦間の親権争いの解決ルールを定めたハーグ条約について、日本政府が検討を始めたことを歓迎しながらも、「条約を隅から隅まで検討してばかりいるのは有用ではない。ぜひ条約に入ってほしい」と述べ、早期加盟を促した。
 ジェイコブス氏は5日に来日し、外務、法務両省幹部らと意見交換した。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional