両親の愛情が子どもの健全な成長に不可欠であるとの認識のもと、子どもの連れ去り別居、その後の引き離しによる親子の断絶を防止し、子の最善の利益が実現される法制度の構築を目指します

令和5年9月27日、産経新聞

子の「連れ去り」再び敗訴 国への損害賠償認めず

 配偶者に子どもを連れ去られたと訴えている男女12人が「子の連れ去りを防ぐ立法措置を国会が怠り、親権や監護権が不当に制約された」として、国に1人当たり11万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(志田原信三裁判長)は27日、請求を棄却した一審東京地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。

原告側は、親権や監護権は憲法が保障する基本的人権だと主張したが、一審判決は否定。立法措置の必要性に関しては「国民の共通認識が形成されておらず、立法の具体的内容も検討すべき事項が多数あり、国民の議論が十分な状態だとはいえない」とし、憲法違反は認めなかった。

アクセス数
総計:321 今日:1 昨日:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional