両親の愛情が子どもの健全な成長に不可欠であるとの認識のもと、子どもの連れ去り別居、その後の引き離しによる親子の断絶を防止し、子の最善の利益が実現される法制度の構築を目指します

令和5年7月27日、JCASTニュース

福原愛さん元夫会見、台湾ではどう受け止められたのか 「ここまでくると醜すぎる」「道徳あるべき」

 卓球の元日本代表で五輪メダリストの福原愛さん(34)の元夫で卓球台湾代表の江宏傑氏(34)が2023年7月27日、東京都内の日本外国特派員協会で会見を開き福原さんに子供の引き渡しを求めた。

 会見には大渕愛子弁護士(45)と台湾の代理人弁護士が出席し経緯を説明した。代理人弁護士によると、江氏と福原さんは21年7月に離婚し、2人の子供に関しては江氏と福原さんの共同親権とする合意がなされ、子供は台湾で暮らしていた。

■「よく1年間も我慢できたね」

 22年7月23日に面会交流のために江氏が台湾の空港で息子を福原さんに引き渡したところ、福原さんは1週間後に江氏との連絡を絶った。江氏と息子はそれから一切の接触が遮断されている状況だという。

 福原さんと江氏は16年リオデジャネイロ五輪後に結婚し、17年に長女、19年に長男が誕生した。

 世界的な卓球選手だった福原さんは台湾でも知名度が高く、江氏の会見を複数の地元メディアが速報した。

 地元メディア「自由時報」(WEB版)は、「福原愛さん、1年間音信不通に台湾ネット民も叱責『「道徳はあるべき』」とのタイトルで記事を展開した。

 記事では、江氏が長男を引き渡した昨年7月から福原さんと連絡が取れない状態にあるとし、福原さんが重要なルールを破ったことに国内のインターネットユーザーが激しく憤っていることを伝えた。

 インターネットでは「ここまでくると醜すぎる」「(福原さんは)必要なモラルを持たなければならない」「(江氏は)よく1年間も我慢できたね」「もう本当に耐えられない」などの声が寄せられたという

 大渕弁護士は江氏と長男が引き離されている状況に関して、「福原愛さんは世界卓球のゼネラルマネジャーを務められたり、日本の上場企業の社外取締役を務められたり、国内外において活躍をされています。そういった立場の方がこのような行動をしてよいものか、ということは問題提起すべき事項であると考えております」との見解を示した。

 そして「まずは一日も早く一刻も早く江さんに子供を引き渡して頂きたい。この点を切に訴えさせていただきたいと思っております」と訴えた。

アクセス数
総計:121 今日:1 昨日:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional