両親の愛情が子どもの健全な成長に不可欠であるとの認識のもと、子どもの連れ去り別居、その後の引き離しによる親子の断絶を防止し、子の最善の利益が実現される法制度の構築を目指します

平成28年8月19日、日本時事評論

離婚しても子供の養育は共同責任 子供の争奪戦を招く単独親権の見直しを

 わが国は離婚後の親権を一方の親にしか認めない単独親権であるために、子供の親権を巡る争いが激化している。なおかつ、裁判所が別居親との面会交流にも消極的なため、離婚後が親子関係の断絶をも招いている。子供の養育は、父母の共同責任であるとの大自然の法則を遵守し、共同親権をも認めるべきである。
 
深刻な悪影響

 わが国の離婚件数は、2002年に29万組を最高として、2000年代前半は25万組を超えていた。最近では離婚件数の減少と歩調を合わせるように・・・
 ※以下、詳細は、記事PDFを参照ください。

子供の利益のため共同親権が必須 子供を傷つける激烈な争いの防止を」

 離婚に関する法律や審判がどのようになっているか、当事者や司法関係者以外に知る人は少ないです。一面の記事で指摘したように、法の欠陥、不備により、さまざまな弊害が生じています。そこで、今回は親権を巡る問題点の理解に役立つ基本的な用語を中心に解説します。
 ※以下、詳細は、記事PDFを参照ください。

離婚しても子供の養育は共同責任 子供の争奪戦を招く単独親権の見直しを

子供の利益のため共同親権が必須 子供を傷つける激烈な争いの防止を

アクセス数
総計:580 今日:1 昨日:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional