両親の愛情が子どもの健全な成長に不可欠であるとの認識のもと、子どもの連れ去り別居、その後の引き離しによる親子の断絶を防止し、子の最善の利益が実現される法制度の構築を目指します

平成24年3月28日、時事通信

子の連れ去りで制裁も=米下院小委が法案可決

 【ワシントン時事】米下院外交委人権問題小委員会は27日、国際結婚の破綻に絡む子の連れ去り問題の解決に取り組まない国に対し、外交的措置や制裁発動を求める法案を可決した。日本人の親が米国籍を持つ子を配偶者に無断で日本に連れ帰る事案が相次ぎ、大きな問題となっている。
 法案は、米国籍の子供連れ去りの未解決事案が10件以上ある国について、公的訪問や文化・科学交流の停止、貿易制限などを検討するよう大統領に求めている。法案によると、現在、米国から日本に連れ去られた子供は156人で、最も多い。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional